アンチエイジング効果を秋の味覚「柿」で行う
長寿遺伝子

アンチエイジング効果を秋の味覚「柿」で行う

秋の味覚というとたくさんの食材がありますね。
海の幸ではサンマ、山の幸ではマツタケ、栗、そして柿があります。
この柿、実はアンチエイジング世代にとってとても強い味方になる果物なんです。

柿にはビタミンC、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ビタミンC、ポリフェノールといえばアンチエイジングに欠かせない栄養素ですね。
柿に含まれるビタミンCですがみかんよりもたくさん含まれています。
ビタミンCというとみかんと考える方が多いと思いますので、これは意外ですよね。
ビタミンCは健康にも美容にも欠かせない栄養素ですが、特に美容効果は絶大です。

コラーゲンの生成をアップさせることができるビタミンCはアンチエイジング世代の悩みとなる顔のたるみやシワなどの予防となりますし、メラニンへの作用も注目です。
ビタミンCは紫外線によって出来る黒色メラニンを無色メラニンへ変える力を持っているのです。
つまり、シミやそばかすなどの肌トラブルにも対応できるという事になります。

柿は免疫力をアップする力も持っていて、柿を食べることでウイルスや細菌類に強くなります。
柿に含まれるポリフェノールは酸化を抑制する抗酸化作用があり、体を錆びさせません。
抗酸化作用はアンチエイジングに欠かせないものです。

このページの先頭へ