アンチエイジングをネバネバ食品で行う
長寿遺伝子

アンチエイジングをネバネバ食品で行う

日本に古くから伝わるネバネバ食品、日々の食事の中でもみなさん自然と摂取されていますよね。
納豆は朝食に欠かせないという方もいますし、大根おろしと一緒に食べることでダイエット効果があるという事も知られています。
畑のお肉といわれるほど良質な栄養素を持ち、しかも低カロリー、スタミナもつくので日本人に欠かせない食材です。

このほかにもオクラ、山芋などネバネバの食品が多数ありますが、粘りのある食材にはアンチエイジング効果があるという事を理解してほしいのです。
オクラにも納豆にもネバネバした食品類にはペクチンという水溶性食物繊維芽含まれています。
食物繊維というと筋張った食べ物などを想像してしまいますが、実はこのネバネバこそ、食物繊維そのものなんです。

ペクチンは腸内環境を正常化し、糖の吸収を抑制してくれます。
ごはんが大好きという人こそ、オクラや納豆を一緒に摂取してほしいですね。
糖の吸収が穏やかになるので食事の後、血糖値の上昇を抑えるという働きもあります。

またオクラにはムチンという成分が含まれています。
ムチンは細胞を活性化するという優れた力を持っていますので、まさしくアンチエイジング食材です。
ムチンを含む食材は納豆、また最近日本人もよく食べるようになったアボカドにも豊富に含まれています。
そういえばアボカドも皮をむくとちょっとねばっとした感触がありますものね。
ネバネバ食品はアンチエイジング世代に積極的に摂取してほしい食材です。

このページの先頭へ