アンチエイジング効果をわさびで行う
長寿遺伝子

アンチエイジング効果をわさびで行う

生ものを食べる時に毒消しという意味で利用するわさびは、私たち日本人にとって欠かせない食材、薬味の一つです。
さわびは活性酸素を除去してくれるスルフィニルという成分が豊富に含まれています。
このスルフィニルはわさびだけの成分でほかの食材には含まれていないとされています。

わさびを食べると頭につんと来るような刺激がありますね。
このつんと来る刺激は脳の神経細胞を活性化する作用を持ち、脳の記憶する分野、学習する分野の能力を引き上げる効果があるのです。
アンチエイジング世代になると物忘れが激しくなるなんて方が多くなるので、この効果だけでもわさびの効果は素晴らしいと感じます。

またアンチエイジングに重要な栄養素となるビタミンCが豊富というのも嬉しいことです。
紫外線を浴びるとメラニン色素が新着しそばかすやシミなどの原因となりますが、ビタミンCをしっかり摂取しておくことでこの定着を防ぎ美白効果が得られるのです。

でもわさびって刺身などに利用する以外、他に利用方法ってないでしょ?という方もいますが、簡単に利用する方法がありますよ。
例えば市販のドレッシングにわさびを混ぜてピリッとさせるとサラダもぐんとおいしくなります。
マヨネーズに混ぜてきゅうりをいただくだけでもいつもとは違う味になりますよ。
このようにしてアンチエイジングのためにもわさびを積極的に接種してみましょう。

このページの先頭へ